僕は朝食前に何をする?

朝起きたら、みなさんは何をしますか?目覚まし時計を消してまた二度寝?ゴロゴロしながらスマホをいじる?僕ももともとそんな感じでしたが、それが不健康であると気づいたとき、朝起きたら、すぐベッドから離れて、朝食までに色々なことをしています。

こちらが僕のモーニングルーティン:

 

瞑想とヨガ

寝る前にいつもヨガマットを先に床に出して、次の日起きたらすぐにマットに座ります。最初にするのが瞑想。メリットはたくさんあります。集中力をあがる、感情・気持ちの整理が整然と行える、ストレス解消できる、免疫力が上がる、こういったメリットがあります。毎日5-10分ぐらい目を閉じて、ちゃんと呼吸して瞑想をしています。

そのあとにヨガをします。「男はヨガをやるかい!」とか、きっとそう思っている人はいると思います。僕はかつて、“筋トレ中毒”でかなりのマッチョでした。しかし、ヨガをやり始めてから、あることに気づきました。ヨガはもちろん、筋トレのようにガンガン筋肉を鍛えるのではなく、ゆっくりと体の骨や筋肉を効率よく動かすことで肉体を強くします。しかし、ヨガのメリットは体の健康だけにとどまらず、精神にもメリットがあります。

ヨガをするときは消化を改善するポーズをよくします。胃や大腸の周りの血流がよくなって、おいしい朝ごはんを食べることができます。

日記を書く

ヨガマットを片付け、テーブルに座って、あるノートを取ります。無印良品の日記帳。朝に何かを書きたいと思い、日記にしました。日記には前日の話だけでなく、日々起きていることに対しての感謝の気持ち、いわゆる積極的な言葉を書きます。積極的になりたいためには考えるだけでなく、ちゃんと書き出した方がいいと自分はそう思います。

dsc02925.jpg

日程を確認する

時々スケジュール帳を開いて一日の予定を確認します。日曜日の夜はいつも次の一週間の予定を立てます。誰に会うか、何があるが、何をするか、すべて一週間の TO-DO LISTに書きます。スケジュール帳なんですが、この前後輩に頼んでTSUTAYAの気に入りのノートを買ってもらって、ベトナムに送ってもらいました(友達経由)。

1ページ読む

Stephen Guiseの「Mini Habits」という本を読んで、筆者は小さな習慣の大切さを強調しました。一日腕立て一回、50文字を書く、1ページを読むとか、こういった習慣は小さすぎて失敗しにくくて、ずっと維持できるということです。僕も実際にやってみて、毎朝英語の本を1ページ読みます。

こういったモーニングルーティンを維持しているおかげで、毎朝はとても元気で健康的な生活を生きています!朝活って本当にいいです!

Advertisements